Nebraska:Farmers’ efforts ネブラスカの農家のともだち!

March 30, 2011

‘We’re looking at Japan as a neighbor in need’

Omaha World-Herald
http://www.omaha.com/article/20110329/MONEY/703299949/0

ネブラスカの農家のみなさんの一言がうれしい。

「おれたちは日本を助けを必要としているネイバー(近所の仲間)と思っているよ!」

ネブラスカの農家のみなさんは、仲間が病気になったり困っていたら農作業を手伝うのがあたりまえという。
東北関東大震災の悲惨な様子を知ったNebraska Corn Growers Association のメンバーの男性が、
「日本を助けようじゃないか」と日本が輸入している穀物を寄付することを提案してくれた。

実際に農作物を寄付するのはややこしいことがわかり
農家が寄付した農作物を売り、その売り上げを全額赤十字に寄付することになった。
麦の収穫が行われる7月まで日本への寄付をつづけてくれるとのこと。

「困っている仲間を助けるんだ!」
そういってあたりまえのように日本のためにがんばってくれているネブラスカの農家のみなさんがいます。
日本を「ともだち」と思ってくれている人たちがここにもいます。
ともだちってすばらしい。
今日もまたそう思えるニュースに出会えました。
被災地のみなさん、世界中にともだちがいることを忘れないでね!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *